請求から入金までの流れ

1.患者様ご来院時
健康保険組合の患者様は
専用のレセプト用紙に署名頂き、日本健保連協会の団体として保険請求。
詳細ページへ
2.レセプトの提出
必要な書類などを揃えて、
毎月8日(午後5時必着)
までにご提出頂きます。
詳細ページへ
3.レセプト受付
お預かりしたレセプトとデータの内容を確認し、振り込み手続きなどを行います。
詳細ページへ
4.入金通知書の発行
療養費お振り込み明細として計算書と個別入金明細、未入金明細を一緒にご送付致します。
詳細ページへ

3.レセプト受付と入金サイクル

1.レセプトの受付。お預かりしたレセプトをしっかりチェック

件数、金額等が、お預かりしたレセプトとUSBとの間で、内容に相違がないかを確認します。

次に、印もれ、印字不備のチェックをします。

この時点で不備があった場合は、保険者へ送付はせず、 院へお返し致します

全てのチェックを通過後、保険者へ提出します。

2.療養費のお支払い。各保険者からの入金を取りまとめ、一括でお支払い

協会で入金の管理をします。
入金通知書(計算書)を発行し、先生方へ振込手続きをします。
(毎月20日支払い)

返戻もしくは減額等があった場合は、各先生へレセプトの返送及び減額の通知をします。

6ヶ月以上保険者より入金がない場合は、当協会より、問い合わせをします。

先生からの預り金(レセプト請求)の残高が「0円」になるまで2-1の処理をします。

ご入金サイクル

レセプト提出月より3ヶ月後の20日が支払い日と
なります。

最初3ヶ月の入金チェック期間を頂きますが
その後は毎月のお支払いになります。

入金サイクル図